2008 10月

採用エントリー

お問合せ

東京ゲームショー

2008年10月12日

とうとう行ってきました。10年前から1度は行きたいと思いつつ、東京ということと、スケジュールが合わずに断念してきましたが、今回ちょうど日程が合いましたので、土曜日に行ってきました。

思い起こせば、ソフテルを作ったきっかけも自作ゲームが売れて、起業しようと思ったからでして、それくらいゲームが好きで、思い入れがありました。

入場まで30分待ちの行列で、やっと入れました。

sbsh01861.JPG

 すごい人です。各ブース間の通路は十分余裕があるはずなのですが、ソフトの映像が流れるとみんな足を止めて見入るため、通路で渋滞が発生していました。

↓こんな感じ。

sbsh01891.JPG

さて、各社の出展ですが、明らかに大手企業の寡占化が進んでいました。カプコン、セガ、コーエー、スクウェア・エニックス、ソニー、マイクロソフト、コナミなどがどえらいでかいブースを構え、その他のメーカーは、隅のほうで、こじんまり出展していました。ますます新興企業が参入できない業界になっていると感じました。その大手の中でも、マイクロソフト(XBOX360)、カプコン の元気さが目立ちました。特に、XBOXは本体の値下げと、ソフトのラインナップの充実を図っており、現在はPS3よりも売れています。それぞれのブースの人の数は明らかにXBOXに軍配があがっているように見えました。カプコンは、バイオハザード、モンスターハンター3が大人気で、特に、バイオハザードの映像の美しさには驚きました。CGと思える映像が、実はゲーム画面でリアルタイムに動いているのです。ゲーム機の進歩には驚くばかりです。

逆に、レトロゲームコーナーもあり、スペランカー、エレベーターアクション(分かる人はマニアです)などもプレイできました。ゲームの本質は、楽しむことなので、きれいだからいいというわけではないですね。 

また、プレアブル(実際に遊べる)ゲームは大体100分~120分待ちがほとんどで、そこまで待つのはバカバカしいので、やっている人の後ろで見ていました。唯一20分待ちのストリートファイターIVはプレイしましたが、対戦プレイだったので、ぼこぼこにされてすぐ終わってしまいました。(とほほ・・) 

11時に入って、14:30まで3時間半があっという間でした。 ゲームショーを見ていると、この不況はどこ吹く風の状況で、大いに活気が感じられました。今後日本の産業を支える業界になる可能性を十分に感じました。

今回はゲームに興味がない人には面白くなくてすみません。 

株価の下げ率と下げ幅についてある経営者の方が数字のマジックといっていました。

先日アメリカで戦後最大の下げ幅となりましたが、下げ幅は、金額なので、物価・株価が上がっている現在となっては、当然金額が大きくなるのは当然で、下げ率で見ると、ブラックマンデーの1/3でしかない。このようにマスコミが報道することで不安があおられ、さらに株価が下がることになります。

ある週刊誌の編集長も言っていました。雑誌は悪いことを書かざるえないそうです。なぜかというと、いい事を書くと、もし、外れてさらに悪くなると、たたかれてしまうからだそうです。悪いことを書いておけば、当たれば、ほら、このとおりと言えるし、外れれば、外れてよかったと言えて、どちらでもたたかれないからだそうです。

 現在の市場の混乱は何とかならないでしょうか。

iPhone3Gについて

2008年10月6日

iPhone3Gですが、売れていないようです。当初35万台の発売、年間100万台を見込んでいたそうですが、20万台で止まっているそうです。

私も買おうか迷いましたが、以下の理由でやめました。

・お財布ケータイ機能がない

・ワンセグが付いていない

・通信費が高い

まさにこれが売れない理由だと思いますが、mobile meという機能は魅力的です。

これは、メールをPC,Web、iPhoneで見ると自動的に同期してくれるサービスです。月額980円ですが、1日の半分をメールの読み書きに取られている私にとっては、どこでも確認できて、PCにも反映されているのは最高です。iPhoneを買った人が共通で言うことが、「ノートパソコンを開く必要がなくなった」だそうです。

ただ、iPhoneもmobile meは不具合がまだ多いため、もう少し待ってから購入したいと思います。

でもそのころには、他の携帯メーカーもiPhone同様の機能を実装しているかもしれませんね。

今日、あるベンチャーキャピタルの方と打ち合わせをした際に、大手の代理店に売ってもらおうという考えは

間違っており、大手のいい点と組み合わせて、自分が売っていくという考えをもつことが重要という話を

伺いました。まさに、そのとおりだと思います。人は、依存されると離れたがるものです。代理店も売ってやっている

という意識になり、販売元との関係がうまくいかなくなる可能性が高いです。いい話を聞きました。

ページの先頭に戻る