2010 1月

採用エントリー

お問合せ

中国レポートその1

2010年1月21日

1月9~11日の3連休を利用して中国(上海)に行ってきました。
目的は、大きく3つです。
・弊社取引先の中国部門を担当している方とのパイプつくり
・中国のソフトウェア事情
・上海の消費者市場視察

これらを順番に、レポートしていきたいと思います。
上海は、3日目は雪が降りました。それくらい寒い3日間でした。
といっても、ほとんど店の中にいたので、快適でしたけど。
後、相変わらずタクシーが安いので、移動の足としては不自由しません。
300円で、ほぼどこでもいけます。
運転も相変わらずひどいものですが、4年前より少しはおとなしくなったと
感じられました。

中国と日本の貿易を事業として行われている方に、中国のネット事情を聞いてきました。

中国はまだ携帯が3Gになったばかりで、携帯でショッピングなどのサービスを利用する習慣が

普及していないそうです。逆に言えば、モバイル市場はこれから爆発的に伸びると思われます。

また、支払方法も現金主義の文化のため、クレジットカードはなかなか利用しないそうです。

そのため、アリペイという支払仲介サービスを利用して、やり取りが行われるということです。

日本でもヤフオクが全盛だったころに、エスクローサービスというものが登場しましたが、

まさに日本の3年くらい後を追っていると思われます。ただ、規模が10倍ですので、

市場の成長のスピードも日本の比ではありません。今後中国では、モバイルがキーワードに

なると思います。

今更ながらファミコンで新作ソフトが発売されるとのこと。

http://www.kotaku.jp/2010/01/new_nes_soft.html

う~ん、こいつは「○ックマン」だよね・・・
playstation storeで本物買うわい!

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

2010年が始まりました。縁起よくホワイトお正月になりました。
さて、去年の反省点をふまえ、恒例の今年の漢字を決めました。

今年の漢字は
「積」

この漢字にこめられている意味は、2つあります。

1.積極性を持つこと。日々の仕事をこなすだけでなく、
自分のスキルを磨けるように、仕事に積極的に取り
組む。それが社員にとっても会社にとっても、
長期的な向上につながります。

2.蓄積すること。ソフテルの弱いところは、資料が残すこと、

ノウハウが全社員共有できていない点です。
SugerCRM・Wikiなどの導入で改善はされてきていますが、
まだまだ個々人のスキルでやりくりしている場面が
多々あります。このスキルを誰でも見れる情報として
整理し、蓄積していくことが、業務の効率化につながり
利益率のアップにつながります。

あとは、ポジティブシンキングを心がけましょう。
「忙しい」「いっぱいいっぱい」「無理です」は
禁句です。口に出す前に、踏みとどまって、
「こんなに仕事があってついてる」
「難しい案件をできるなんて、やりがいがあってついてる」
など思うようにしてみてください。

ページの先頭に戻る