2008 9月

採用エントリー

お問合せ

リプラス倒産

2008年9月27日

最近大型倒産のニュースがよく流れますが、たまたま帝国データバンクの倒産速報を見ていたらリプラスが自己破産で倒産しているではないですか!リプラスといえば、家賃の滞納に困っている大家さんのために、保証料をいただくことで、滞納分の家賃を代わりに支払いますというサービスで急成長し、上場した会社です。一時期はこのビジネスモデルがマスコミにも多く取り上げられ、「困っている人を助ける」という事業内容に私も尊敬していました。ちなみに「困っている人を助ける」のビジネスモデルで急成長した会社に弊社取引先のJBR様もあります。

それほどの会社がなぜ倒産したか?

上場後、不動産事業にも業容を拡大し、売上も2005年の50億から、27年には370億というとんでもない成長をしました。

しかし、昨今の不動産不況の影響を受け、資金繰りが一気に悪化し、倒産せざるえなかったということです。

せっかくいいビジネスモデルを持っていたのに、残念です。

「会社と腫れ物は大きくなるとつぶれる」という言葉があります。腫れ物は早めの処置で大きくなりすぎるのを止める必要があります。会社も歯止めが利かない成長は危険であり、確実な成長を目指したいものです。

22日に岐阜県工業会主催の「オープンソースを使って無料で経営を効率化」と題して講演をさせていただきました。

私と、IAMASの吉田教授の2人で、教授が、「オープンソースとは何か」ということで、オープンソースの歴史や事例を詳しく紹介してもらいました。

その後に、私のほうでソフテルでも使用しているオープンソースの事例を挙げながら「情報共有のためのオープンソース活用法」を話しました。グループウェア、ブログ、SNS、プロジェクト管理とオープンソースのアプリケーションはたくさんあります。その中から会社に合ったソフトを取捨択一し、導入することでかなりの効率化が図れます。かなり共感された方も見えて、講演終了後の質疑応答には積極的に質問をしていただきました。ぜひ会社の効率化の一助にしていただければと思います。

皆さんもオープンソースを研究することをお勧めします。

お勧めリーダー本

2008年9月2日

今日は、お勧めの本を紹介します。

[実学・経営問答]人を生かす

京セラの稲盛名誉会長の本です。盛和塾という経営者の塾があるのですが、そこで経営者が質問した人事面の悩みに分かりやすく回答されています。経営者、リーダーは必読の書です。半日あれば読めると思いますので、忙しい方でも安心です。

これからも本に限らずお勧め商品を紹介していこうと思います。

ページの先頭に戻る