株価の下げ率と下げ幅について

採用エントリー

お問合せ

株価の下げ率と下げ幅について

2008年10月11日

株価の下げ率と下げ幅についてある経営者の方が数字のマジックといっていました。

先日アメリカで戦後最大の下げ幅となりましたが、下げ幅は、金額なので、物価・株価が上がっている現在となっては、当然金額が大きくなるのは当然で、下げ率で見ると、ブラックマンデーの1/3でしかない。このようにマスコミが報道することで不安があおられ、さらに株価が下がることになります。

ある週刊誌の編集長も言っていました。雑誌は悪いことを書かざるえないそうです。なぜかというと、いい事を書くと、もし、外れてさらに悪くなると、たたかれてしまうからだそうです。悪いことを書いておけば、当たれば、ほら、このとおりと言えるし、外れれば、外れてよかったと言えて、どちらでもたたかれないからだそうです。

 現在の市場の混乱は何とかならないでしょうか。


ページの先頭に戻る