SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

Subversion 1.6.6 ソースからコンパイル&インストール

Subversion 1.6.6 が出てました。

今回もクライアント(svnコマンド)だけ使うつもりのインストールです(前回)。

相変わらず、CentOS5.3でsubversionを yum でインストールすると、バージョンは 1.4.2 です。

古いクライアントを使うとこんなふうに文句を言われることがあるので、yumでのインストールは避けます。

svn: このクライアントは、作業コピー ‘/作業コピーのパス’ を扱うには古すぎます。もっと新しい Subversion クライアントをダウンロードしてください。

では、Subversion 1.6.6のインストール。

1、ソースを入手&解凍。

cd /usr/local/src
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.6.tar.gz
tar xzf subversion-1.6.6.tar.gz
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.6.6.tar.gz
tar xzf subversion-deps-1.6.6.tar.gz

“deps”が便利です。これでひとつのディレクトリに本体のソースと依存するライブラリが用意されます。

2、configure

cd subversion-1.6.6
./configure --without-berkeley-db \
--without-apxs \
--without-swig \
--without-serf \
--with-ssl

berkeley DB 無しでOK。
serfもneonもhttpクライアントらしい。どちらかがあれば大丈夫そう。(http://~~を使わないなら不要かも)
Apacheと連携できなくてOK。
https://~~は念のためできるように…

configure: WARNING: we have configured without BDB filesystem support
の警告が出るが、サーバーとして使わないから気にしない。

3、コンパイル

make
make install

はい、Subversion 1.6.6も無事インストールできました♪

…………………………

今回のサーバーには、Cコンパイラが入ってなかったようで、configureのときエラー発生。

configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

そんなときはこちらでインストール。

yum install gcc

こんなエラーも発生した。

configure: error: could not find library containing RSA_new
configure failed for neon

必要なものをyumでインストール。

yum install openssl-devel

関連するメモ

コメント