SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

Subversionのクライアントだけインストール

Subversionのクライアントだけ欲しい!リポジトリはどこかにすでにあって、よそでチェックアウト、更新等がしたいだけという状況があります。

CentOS5.3でsubversionを yum でインストールすると 1.4.2 が入りました。

# yum install subversion

こんなコマンドでサーバーもクライアントもインストールできてしまうのはとても手軽で楽なのですが、バージョンが古いです。

開発、テスト環境をlinuxに構築して、sambaでWindowsのEclipseからソースを編集できるようにして…ということをよくやるのですが、EclipseのプラグインSubclipseでチェックアウトした作業コピーをlinux側のsvnコマンドで操作できないという事態が発生します。svnクライアントのバージョンがSubclipseは新しく、yumで入れたsvnコマンドは古いためです。

こんな感じです。

$ svn status /作業コピーのパス
svn: このクライアントは、作業コピー '/作業コピーのパス' を扱うには古すぎます。もっと新しい Subversion クライアントをダウンロードしてください。

問題解決のために、もっと新しいSubversion クライアントを入手してみます。

最新バージョンが入っているyumのリポジトリを使うという手もありますが、今回はソースから最新のクライアントをインストールします。

yumで入れていたら、まずアンインストール。

yum remove suvbersion

ソースを入手&解凍。

cd /usr/local/src
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.5.tar.gz
tar xzf subversion-1.6.5.tar.gz
wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.6.5.tar.gz
tar xzf subversion-deps-1.6.5.tar.gz

以前は”deps”がなくて面倒だったようですが、これでひとつのディレクトリに本体のソースと依存するライブラリが用意されます。

cd subversion-1.6.5
./configure --without-berkeley-db \
--without-apxs \
--without-swig \
--without-serf \
--with-ssl

リポジトリは作れなくてOK。
serfもneonもhttpクライアントらしい。どちらかがあれば大丈夫そう。
Apacheと連携できなくてOK。
https://~~は念のためできるように…
(もっと削れるとうれしいのですが、未確認)

configure: WARNING: we have configured without BDB filesystem support
って出たけど、サーバーとして使わないから気にしない。

make
make install

はい、できました♪

EclipseのSubclipseでチェックアウトした作業コピーも、以前のlinuxのコマンドsvnで作った古い作業コピーも問題なく操作できました。これでいろいろ作業しやすくなります。

関連するメモ

コメント(1)

Subversion 1.6.6 ソースからコンパイル&インストール at softel メモ 2009年11月10日 21:02

[…] 今回もクライアント(svnコマンド)だけ使うつもりのインストールです(前回)。 […]