SOFTELメモ

Softel Inc.

さくらのメールボックスを使うときのDNS設定

問題

Webサーバーとメールサーバーを分けたい。独自ドメインでWebサイトを稼働させているサーバーとは別のサーバーで、独自ドメインでメールの送受信をしたい。

さくらのメールボックスのサービスを使おうと思う。

さくらのメールボックスの画面の案内だと、NSをさくらのNS(ns1.dns.ne.jp、ns2.dns.ne.jp)にせよとのこと。同じドメインでWebサイトも稼働させてるので、NSを変えるのは避けたい。NSは今のままにするならどうしたらいいの?DNS設定はどうしたらよい?

MXだけさくらのメールボックスに向けたい

答え

すでに運用中のドメインで、DNS設定がされていて、MXレコードだけさくらのメールボックスに向けたいときは、以下のようにする。

1、さくらのメールボックスのホスト名を調べる

さくらのメールボックスに申し込んだら、以下のようなホスト名が発行される。

********.sakura.ne.jp

2、さくらのメールボックスに独自ドメインを追加する

サーバーコントロールパネル → ドメイン設定 → 新しいドメインの追加 → 「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「ドメインの追加へ進む」

設定画面に、独自ドメインを入力して、送信する。

3、ドメインのMXレコードを1のホスト名にする

AレコードはそのままでOK(Webサイト用のサーバーに向けたまま)。

MXレコードを追加して、以下のように設定する。

ホスト名:example.com(対象の独自ドメイン)
TYPE:MX
VALUE:********.sakura.ne.jp(1のホスト名)
状態 有効
優先度 10 などで適当に

(おまけ)さらに独自ドメインのサブドメインでmail.を設定するなら

sakura.ne.jp のサブドメインではなくて、独自ドメインのサブドメイン(mail.example.com など)でメールサーバーにアクセスできるようにしたいときは、mail.example.com もCNAMEで1のホスト名に向けておけばよい。

ホスト名: mail(メールサーバーのホスト名を mail.example.com にしたいとき)
TYPE: CNAME
VALUE: ********.sakura.ne.jp(1のホスト名)
状態: 有効

早いと、数分ほど待てばすぐ使えるようになるが、TTLの設定などによりけり。

さくらのレンタルサーバーでも同じ要領で対応可能。

以上、気づいてみれば、簡単な話でした。

関連するメモ

コメント