SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

【Ubuntu】warning: Setting locale failed. が出たときの対応方法

問題

LANGをja_JP.UTF-8 に設定してからか、以下のエラーが出るようになりました。

perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
        LANGUAGE = (unset),
        LC_ALL = (unset),
        LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
perl: warning: Setting locale failed.
perl: warning: Please check that your locale settings:
        LANGUAGE = (unset),
        LC_ALL = (unset),
        LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory

答え

以下で、エラーは出なくなりました。

$ sudo apt install locales-all

なぜか vimで日本語が文字化けする現象も以前から発生していて、~/.vimrc でset encoding=utf-8 などしていたのですが、locales-all をインストールすると、不要になりました。

別解

locale-gen でも直せるらしい

別解

sshの時にエラーが出るのであれば、ssh_config で以下をコメントアウトしても出なくなるらしい。

$ sudo vim /etc/ssh/ssh_config
...(略)...
#   SendEnv LANG LC_* ← この行
...(略)...

関連するメモ

コメント