SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

MACアドレス

IPアドレスははるかかなたのコンピューター同士をつなぐもの。

MACアドレスは近くにあるコンピューター間で使用するもの。

PC1  -------> ルーター ---------> PC2

PC1からPC2のIPあてにデータが送信されるときに、
最終的にPC2に届いて欲しいんだけど、
PC1はまずはルーターにデータを受け取ってもらわないといけない。

その時にルーターのMACアドレスが使われる。

MACアドレスは近所の人がお話しするために使うので
暗号化などされないで教えあいっこしている。

以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行すると、MACアドレスがぼろぼろ出てくる。

arp -a

Wi-Fiの電波は、無線の認証が通ってなくても、送信元MACアドレスと送信先MACアドレスが見える。

MACアドレスは勝手に名乗ることが可能(機器によるけど)。

MACアドレスの無線LAN不正接続防止効果は低い(多少ハードルは上がるけど超えることが可能で、MACアドレス管理のコストに対して得られる効果は薄い)。

関連するメモ

コメント