SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

MSVCP100.dll がないといわれたら

問題

「MSVCP100.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。」というエラーが出ました。

問題

「Visual C++」で作成されたソフトを起動するための、必要なDLLが不足しているということを意味している。

「Microsoft Visual C++2010 再頒布可能パッケージ」をダウンロードしてインストールする。

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)

Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)

visual-c-2010

OSが32bitか64bitかではなく、起動しようとしたアプリケーションが使うランタイムがどちらなのかが問題なので、64bit環境なら両方インストールしておいてもよい。

関連するメモ

コメント