SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

【eclipse】4.3でEclipse+git+SVN+PDT

毎年恒例6月のeclipseバージョンアップ。eclipse4.3がリリースされました。

バージョンアップ作業はそんなに面倒でもないので、作業環境は随時バージョンアップしていくとよいと思います。

eclipse-4.3-kepler


1、eclipseダウンロード

こちらからダウンロード。Eclipse Standard 4.3 で。

http://www.eclipse.org/downloads/


2、git

Gitが標準装備になった。EGitが最初から入っている。


3、Subversion

SubversiveSubclipseがあるので、お好みで選択するとよい。

Subversiveは、Help → Install New Software → 「Kepler – http://download.eclipse.org/releases/kepler」の一覧にある。

Subclipseは、Help → Eclipse Marketplace で、「Subclipse」で検索して、インストール。

Subclipseを、Help → Install New Software からインストールするには、URLを に「http://subclipse.tigris.org/update_1.8.x」を指定すればインストールできる。SubclipseとSVNKitをインストールする。クライアントのバージョンが1.7以上になるので、新しい形の作業コピーになる(一番上の階層にひとつだけ.svn)。

個人的にはSubclipseを使っている(なんとなくトラブルが少なくて、動作も素直な気がする)。

eclipse4.3-subclipse

Subclipseを使うときは、Window → Preferences → Team → SVN で、SVNインターフェースをSVNKit(Pure Java)にする。


4、PDT(php開発ツール)

Help → Install New Software で、「Kepler – http://download.eclipse.org/releases/kepler」を選択。一覧から選んで進めるだけ。

php開発ツールインストールの様子


5、使い始める前に

好みに合わせて設定。

文字化けする場合は文字コードを設定。Window → Preference → General → Workspace にて、文字コードをUTF-8などに変更する。

プロジェクトの表示は、ごちゃごちゃさせないで、Windowsでいうエクスプローラー程度の表示だけしてくれればよい人は、メインのパースペクティブをResourceにしておくと、すっきりしていいのではと思う。

eclipse-4.3-ss

旧eclipseからのアップデートの場合は、空の新規ワークスペースを作って、必要なプロジェクトをインポートしてくるのがよいと思う。年に一度、不要なプロジェクトが掃除できたりするのでちょうどよいのでは。

ショートカットキーもカスタマイズできるので、すばやくリポジトリにコミットできるようにショートカットキーを割り当てたりできる。


しかし最近、プログラムを書くときは、NetBeansの方が賢いなあと思うことが多いです。

関連するメモ

コメント