SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

「Eclipse3.7+PDT+SVNクライアント」の環境を作る

エディタが便利なのと、SVNクライアントとしても使いやすいという程度の理由で、phpの開発でEclipseを使っています(テスト等にももっと活用したいと思ってます)。

Eclipse3.7が出たということで、「Eclipse3.7+PDT+Subclipse」の環境をさくっと作ってみます。

1、Eclipse3.7をダウンロード

http://www.eclipse.org/downloads/

3.7ではPDTパッケージがなくなってしまいました。メンテナーがいないからだとか。

とりあえず、JavascriptパッケージかClassicパッケージをダウンロードします。

他に用途を考えている場合は、最初から他のパッケージを使用すればよいです。

2、解凍して好きなところに置く

Eclipseはインストーラーいらずでいいですよね。

ダウンロードしたファイルを解凍して、好きなところに置きます。デスクトップでも、Program Filesの中でも、個人用のフォルダでもどこでもいいです。

3、起動する

Java環境がインストールされていれば、eclipse.exeをダブルクリックするだけ。

4、PDTのインストール

1) Help → Install New Software…

2) Work with で「Indigo – http://download.eclipse.org/releases/indigo」を選択。

3) 一覧の中から「PHP Development Tools (PDT) SDK Feature」を探して、チェックボックスにチェックを入れて、次へ、次へ、規約に同意、完了。

4) Eclipseの再起動をおすすめされるので、指示に従って restart。

5、Subclipseインストール

SubversiveではなくてSubclipseなのは私の好みです。どちらもSVNクライアントです。

1) Help → Install New Software…

2) Work with でリポジトリのURLを「http://subclipse.tigris.org/update_1.6.x」と入力。

3) 一覧の中から「Subclipse」を選んで、次へ、次へ、規約に同意、完了、インストールしていいか?と警告が出たらOK。

4) Eclipseの再起動をおすすめされるので、指示に従って restart。

6、PDTはどこに?

最初はこの辺に隠れているので、呼び出してあげてください。

7、今まで使っていたWorkspaceがあったら?

起動するときに今まで使っていたWorkspaceを指定すれば、認識はしてもらえる。

以前のEclipseで使っていた機能が、今回構築した環境にない場合などではエラーが起きることもある。

この際なので、新しいWorkspaceを作って、必要なものだけImportすると、すっきりしたワークスペースになるでしょう。

8、お勧め設定は?

1) 左サイドは、PHP Explore が好きではないので、シンプルなNavigatorかResource パースペクティブにする

2) 同期化はツリー形式の表示にする

そうしないとなんだか調子が悪い。なぜ? よく分からないけど、トラブルよけのためと、やっぱり見やすいため。

3) 文字コードをUTF-8にする

General → Workspace → Text file encoding を UTF-8 に

4) 拡張子 *.html はphp扱いにする

拡張子はhtmlだけど、php扱いしてもらった方が、Validationや文字コード判定などがいい具合になることもある。

General → Content types → Textのphpのグループに*.htmlも追加する。

関連するメモ

コメント