SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

さくらのVPSでFedora15を使う

手順

1、通常通り、カスタムOSでFedora13(64bit版でいい)をインストール。

2、管理者としてログインして、アップグレード用のコマンドをインストール。

# yum install preupgrade

3、何にアップグレードできるか確認。コマンドラインでの操作のときはpreupgrade-cli。

# preupgrade-cli
......(中略)......
   "Fedora 15 (Lovelock)"
   "Fedora 14 (Laughlin)"

4、アップブレード実行

# preupgrade-cli "Fedora 15 (Lovelock)"

言語設定がLANG=Cじゃないとまずいらしいということなので、英語や日本語になっていたら、このように。

# LANG=C preupgrade-cli "Fedora 15 (Lovelock)"

5、再起動

# reboot

ここで大変なことが発覚。fedora15では最低でも700MBぐらいメモリーが必要になるらしい。さくらのVPS512だとアップグレード時の再起動で「trying to unpack rootfs image as initramfs」のところでフリーズした。



関連するメモ

コメント