SOFTELメモ

Softel Inc.

【続】 OpenVZ インストール

OpenVZでVE(仮想マシン、ゲスト)の作成まではできたとする

ネットワークの設定

単独で動けばよいときは気にしなくてよいが、VEから外にアクセスしたいとき、外からVEにアクセスしたいとき、ちゃんと設定。

ホストがNIC複数挿し状態になる。IPパケットをフォワードする設定をする(あるネットワーク・インターフェイスから受信したIPパケットを、別のネットワーク・インターフェイスへ転送・送出する動作)。

ホスト側のネットワーク設定(/etc/sysctl.conf)。

# vi /etc/sysctl.conf

【変更】
net.ipv4.ip_forward = 0 を変更して
net.ipv4.ip_forward = 1 にする。

【追記】
net.ipv4.conf.default.proxy_arp = 0
net.ipv4.conf.default.send_redirects = 1
net.ipv4.conf.all.send_redirects = 0

以下のコマンドでsysctl.confを反映

sysctl -p

<メモ>
Bringing up interface venet0: SIOCADDRT: Network is unreachable

関連するメモ

コメント(1)

【VPS】 OpenVZ インストール(CentOS5もできるよ) at softelメモ 2010年7月29日 22:58

[…] ※ 引き続き外部と通信するにはさらに設定 […]