SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

Subversion 1.6.9 ソースからコンパイル&インストール

若干変更などあるので、改めてメモ。

ソースからインストールするのは、yumなどでインストールされるクライアントが古すぎるから。他のクライアントソフトと併用するとき不都合あり。

公式サイトが変わった

Subversionは、Apacheソフトウェア財団のプロジェクトになりました。末永く、より安定したオープンソースプロジェクトとして存続していけると思います。

過去のサイトは http://subversion.tigris.org/。SubclipseなどSubversion以外のものはこちらにあるようです。

現在のサイトはこちら http://subversion.apache.org/

ソースの入手

すでにsvnクライアントがあれば http://svn.apache.org/repos/asf/subversion/trunk からチェックアウトできるが、今何もないので、ソースコードのダウンロードページから。

# cd /usr/local/src
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.9.tar.bz2
# tar xjf subversion-1.6.9.tar.bz2
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-deps-1.6.9.tar.bz2
# tar xjf subversion-deps-1.6.9.tar.bz2

“deps”を利用すると、本体のソースとともに依存するライブラリが用意されます。

コンパイル

configure して

# cd subversion-1.6.9
# ./configure --without-berkeley-db \
--without-apxs \
--without-swig \
--without-serf \
--with-ssl

WARNINGが出ることがあるけど、svnクライアントとして使う分には大丈夫。

configure: WARNING: we have configured without BDB filesystem support

You don't seem to have Berkeley DB version 4.0.14 or newer
installed and linked to APR-UTIL.  We have created Makefiles which
will build without the Berkeley DB back-end; your repositories will
use FSFS as the default back-end.  You can find the latest version of
Berkeley DB here:
http://www.oracle.com/technology/software/products/berkeley-db/index.html

makeして、make install

# make && make install

以上!

アップデートにsvnを使う

今後のアップデートは、クライアントをインストールしたので、svnで取得できる。

svn co http://svn.apache.org/repos/asf/subversion/trunk subversion

関連するメモ

コメント