SOFTELメモ Developer's blog

会社概要 ブログ 調査依頼 社員募集 ...

Linux ネットワークの設定

下記のとおり、設定ファイルを変更して、必要な機能を再起動します。

・/etc/resolv.conf

nameserver 192.168.11.1

DNS(プライマリ、セカンダリ…複数行可能)、既定のドメインなど書くファイルです。
いろいろ省略可能なので、簡単には、プライマリのDNSだけでよいです。

・/etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
HOSTNAME=localhost.localdomain
GATEWAY=192.168.11.1

1行目:「yes」は、システム起動時にネットワークを有効にするという設定。
2行目:マシンのホスト名をFQDN形式(ホスト名+ドメイン名)で設定。1台だけ開発用に動かす時は何でもよい。
3行目:デフォルト・ゲートウェイ(ルータ)のIPアドレスを設定。

・/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.11.255
IPADDR=192.168.11.123
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.11.0
# HWADDR=00:11:22:33:44:55

こんな内容で、デバイス名、システム起動時に有効か、固定 IP/DHCP、IP アドレス、ネットアドレス、ネットマスク、ブロードキャストアドレス、MAC アドレスに関連付け(省略可)が設定できる。

・ネットワーク再起動

/etc/init.d/network restart

・ネットワークデバイス停止、起動

ifconfig eth0 down
ifconfig eth0 up

・デフォルトゲートウェイ登録(なぜか言うことを聞かないときに)

route add default gw 192.168.11.1

VMWareをノートPCで持ち歩いていると、ネットワークの環境が違うため、毎度設定したりします。スクリプトを書いておけば、コマンド1つで設定可能ですが、内容は上でやっていることと同じです。

他にも、なんだかネットワークにつながらないね?というときも、digして名前解決できてないようならresolv.confを確認してみるなど、トラブル解決時に見たりします。

関連するメモ

コメント