メンバー紹介

採用エントリー

お問合せ

MEMBER

市橋 大樹

プログラマー

市橋 大樹

最近ある企業さんのメンバー紹介ページを作りました。作る前に他の企業さんのメンバー紹介ページを参考にさせてもらおうと思って、有名ドコロを見てみたら、さすがにどこもいい感じになってますね。とくに面白法人カヤックさんは、面白法人と名乗るだけあって、すごく面白いですね。参考にしたいけど、あれはなかなかどうして、あの感じは真似できませんね。

そういえば、我が社にもメンバー紹介があったような・・・、あ、やばい、最近全然自分の紹介ページ更新してない。というか2年くらい放置やった~。ということで、今、慌てて更新してます。写真も試しにロフトワークスさんとこみたいにいい感じの撮って載せときます。(後で)

メンバー紹介ページってのは、社員が資産な会社がよく公開してたりしますよね。企画や制作だったり、もちろんソフテルがやっているシステム開発もそうですけど、そういうクリエイティブ系の仕事は、社員のポテンシャルや個性が全面に出てくる仕事なことが多いと思います。なのでその分、会社としてはどれだけ優秀な社員がいるのか、アピールしたくなるわけですよ。

ちょっと話は変わりますが、私、何か物やサービスといった商品を買うときは、それがどんな商品か吟味するのはもちろんですが、どこから買うか、誰から買うか、ということも重視してます。それはその商品を買うという行為そのものを「良いもの」にしたいからなんです。例えば家具を買ったとします。家具って内の中にあって、毎日見ますよね。そういうものを見る度に、もしくは時々かもしれませんが、多分その家具を買った時のことを思い出すことってあると思うんですよね。というか私は思い出すんです。それでその思い出が、できれば良いものであってほしいんです。どこで、誰から買うかが重要なのは、お買い物の思い出をできるだけ良くしたいからなんです。なので商品が気に入っても店員さんが無愛想だったら絶対買わないです。買った商品を見て、嫌なこと思い出したくないですからね。

ソフテルのやってる仕事も同じだと思うんです。ソフテルの商品を気に入っていただけただけではまだまだ足らない。「この人達とならいい仕事ができそうだ」と思っていただかないと。で、本当にちゃんといい仕事をする。そしていい思い出を胸に刻みこんでいただいて、またご贔屓にしていただいて、そしてあわよくば口コミで別のお客様にもソフテルをご紹介していただいて。(あ、すみません、ちょっと下心が・・・。)

ということでですね、「ソフテルの社員」ってどんなんなのか、っていうのが、このメンバー紹介を御覧頂いている方に、もう少しいい感じに伝わればなぁと思っております。あ、わたくし、申し遅れましたが市橋というものです。どうぞよろしくお願いいたします。


市橋 大樹さんの頭の中


ソフテルメンバー一覧に戻る

ページの先頭に戻る