メールマガジン2011年10月

採用エントリー

お問合せ

メールマガジン


「事業継続計画(BCP)その2 データバックアップの必要性」 2011年10月 発行


┏┏―― ソフテルのITメールマガジン―――――――――――――― ┏┏     ┏       https://www.softel.co.jp/     (2011年10月) ―――――――――――――――――――――――――――――――――― +----------+ | ひとこと | +----------+ ソフテルの メールマガジンへようこそ! 今回のメルマガ案内人はソフテルISMS管理責任者、稲葉です。 ========= 私のプロフィール ========= https://www.softel.co.jp/staff/pf/16 ==================================== 秋はいろいろなことができる時期ですが、私の秋は「食欲の秋」です。 北海道のとうもろこしに始まり、じゃがいも、梨、りんご、みかん、栗・・・ 等おいしいものがいっぱいですね♪ りんごに至っては昨年からりんごのオーナー制度を利用して、 毎年長野県に収穫に行っています。 地元の人としゃべり、おいしい食べ方を教えてもらっています。 ただ、既に先月から2kg太ってしまいました・・・。 「運動の秋」も実施しないといけないと感じている今日この頃です。     ★それでは、今回もソフテルITメルマガをどうぞ★ 第98回 ソフテル ITメールマガジン (稲葉編) へようこそ! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ -------------------------------------------------------------------- 今回のテーマ:事業継続計画(BCP)その2 データバックアップの必要性 -------------------------------------------------------------------- 事業継続計画(Business continuity planning(略してBCP))とは、 災害や大事故の際に事業を如何に早く復旧できるかを策定した計画です。 今回はその中で今や会社の重要な資産である「データ」について取り上げてみます。 今年は東日本大震災や先日の台風12号において未曾有の災害が発生してしまいました。 それにより、当初想定していた事業継続計画の見直しをする企業が多く、 まだ未策定の企業も7割以上あります。 その中で今回気になったのは、自社の経理データ等、自社の業務にとって必要な 「データ」が入っている端末やサーバが壊れてしまった場合、どのように復旧しているかです。 今、情報の「クラウド」化が進んでいますが、データを自社社内だけで保有している会社は 多くの企業が存在しております。 今回の被災において、津波による浸水でハードディスクが壊れてしまった会社をニュースでよく拝見いたしました。 この場合、まずはハードディスクに入っている「データの復旧」です。 浸水でも復旧できるケースがあります。浸水や転落によって起動できなくなった場合、 まずはハードディスク修理業者に相談しましょう。 不用意に壊れた機械の起動やファイル書き込みなどをしてしまうと、データの復旧率が下がっていきます。 ハードディスク修理業者は多数存在します。検索サイトで「ハードディスク 復旧」等と検索すると、 大量にハードディスク復旧業者の一覧が出てまいりますので、会社の近くにある業者や 大規模震災でも被災しないような遠隔地の業者をリスト化しておきましょう。 ただ、これではデータ損失が発生した場合に多額の修理費用がかかってしまい、データ復旧にも 時間がかかってしまいますので、事業の復旧には相当な時間、お金がかかってしまいます。 それを防ぐためにも自社のバックアップデータを「クラウド」化してみてはいかがでしょうか。 「クラウド」のサーバは耐震性に優れたデータセンタにて運用、停電発生時でも UPS及び自家発電による電力供給を行い停止することのないような対策を行っております。 また、データ転送する際にデータの「暗号化」を実施することで情報の漏洩なくデータの 冗長化ができますので、天災以外での壊れた際の復旧においても世代管理を行っていれば どのタイミングのデータに戻すということができます。 月数千円の負担でディスク容量が大きいサーバが契約できる今日、少しの負担で 震災等天災による会社の「データ損失」を最小限にする対策が必要ではないかと 考えます。 万が一、震災によって通信手段が遮断され、自社が火災等で使用不可能になっても、 インターネット復旧後に震災直前の「データ」を「クラウド」サーバから 呼び戻すことができ、データ損失を最小限に食いとどめることが可能です。 ソフテルでは安価なレンタルサーバサービス、VPSサービスや専用サーバにて データの「クラウド」化が可能です! http://www.softeldc.jp <参考ページ> 経済産業省 事業継続計画策定ガイドライン www.meti.go.jp/policy/netsecurity/downloadfiles/6_bcpguide.pdf 中小企業庁 BCP策定運用指針 www.chusho.meti.go.jp/bcp/ バックアップに関連する記事 http://www.atmarkit.co.jp/news/201012/14/ca.html +----------------------+ | ソフテル社内ニュース | +----------------------+ ソフテル社内では2ヶ月に1度、親睦を深めるための「社内コンパ」があります。 システム会社ですので、普段はパソコンとにらめっこ状態でなかなかコミュニ ケーションが 取りづらい環境ですが、この「社内コンパ」でコミュニケーションを深め、 業務の連携を高めています。 次回は11月実施予定で、9月入社の新入社員歓迎会となりそうです。 今回もメルマガを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました! 次回は、石原プロデュース! 11月2日(水) 配信予定です。 どうぞお楽しみに!! +----------------------------------------------------------+ | Web システム構築のソフトウェア会社、株式会社ソフテル   | | ソフテルHP: https://www.softel.co.jp/           | | ソフテルブログ: https://www.softel.co.jp/blogs/president/| +----------------------------------------------------------+ バックナンバーは 【こちらです: https://www.softel.co.jp/mailmagazine/ 】 ※ このメールは、ソフテルメールマガジンにお申し込みいただいた方、   セミナーや展示会にご来場または名刺交換をさせていただいた方、   また各種資料をご請求いただいた方にお送りしております。   メルマガ配信にご同意いただけない、もしくは不要の方は、お手数ですが   下記の連絡先TELにご連絡、もしくは下記メールアドレス宛にご連絡下さい。   (メールの場合は、件名を「メルマガ配信解除依頼」として下さい。)   なお、メルマガ配信解除のご連絡をいただかない場合は、   ご同意いただいたものとさせていただきますので、ご了承下さい。   【個人情報の取扱要旨】   https://www.softel.co.jp/policy/privacy   【個人情報に関するお問い合わせ】   株式会社ソフテル お客様お問合せ窓口   TEL :0120-49-4437   MAIL:mail@softel.jp ◆◆ ソフテルの謎一挙公開  ◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆ ◆◆ (ソフテルはこんなことしてます) ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ■ あの憧れの企業のような社内業務を目指されている方! システム導入をご検討の方 【弊社取引先】 JBR様 http://www.jbr.co.jp/ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 「WEBシステム開発」専門サイト https://www.softel.co.jp/archive/ ■ ネットショップは楽じゃない!って言わせません。 【弊社取引先】 ・スポーツ用品のネットショップeSPORTS様 http://www.esports.co.jp/ ・ふとんタウン様 http://www.futontown.co.jp/ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ネットショップ運営「通販する蔵」 http://www.softel.jp/ ■ 実は、事務、経理いらずなんです 【弊社取引先】 ・コムズ http://www.comzz.co.jp/ ・ケアネット http://www.carenet.com/index.aspx?cookie_test=true ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 受発注販売管理ソフト「鳳翔(ホウショウ)」 ■ 一括でメールおくりたい人集まれ!! 独自でメールマガジンしたい人! ソフテルに聞いてみてください。 【弊社取引先】 ・桂福祉会 http://www.katsurafukushi.jp/ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 連絡する蔵 100人に何回送っても、月々1800円

毎月第一水曜日、好評配信中!!   » 購読のお申し込みはこちら

メールマガジン目次に戻る

ページの先頭に戻る