【linux】更新日が最近のファイルを見つける(findコマンド)

2010/02/03 / Category linux

ガンブラー攻撃でファイルが更新されていないか気になるときにも使えます。

findコマンドはファイル名(正規表現可)、更新日、所有者、グループ、サイズなどで、ファイル、ディレクトリを検索ができる。

更新日が最近の10日以内のファイルを見つける。場所はカレントディレクトリ「.」以下から。詳細に(-ls)
find . -mtime -10 -ls
更新日が最近の10日以上前のファイルを見つける(こう書くと古い方を見てしまう)
find . -mtime +10
更新日がちょうど○日のファイルを見つける
find . -mtime 10

更新日など詳細が見えなくてよいときは -print を指定するか、省略する。

おまけ1

ちなみに正規表現で検索はこう。パス全体がマッチするかどうかを見る。

パス全体が、正規表現”.*ww/test\.h.*” にマッチすると検索結果に表示される(例えば /home/apache/www/test.html など)
find /home -regex ".*ww/test\.h.*"

おまけ2

更新日時を、ざっと眺めたいときには、lsコマンドもよい。

ls -laRt /home/apache

l … 詳細に、a … 隠しファイルを含めて、R…サブディレクトリも含めて、t…更新日順に

参考

http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_findutils/man1/find.1.html


このエントリーをはてなブックマークに追加
.


コメント